恋の終わり

ひとつ、恋が終わりました。
認めたくなかった終末、やっと自ら確認しました。

私はこんなにも逢いたいのに、彼はそうではない。

嫌いと言われてもなおも執着する人がいる。
昔は去るものは追わず、だったのに。

ぽっかり穴が開いてしまったよう。
彼のことが、まだこんなに好きなんだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック